持ち寄りパーティレシピ

持ち寄りパーティレシピ

パーティの会場だけ借りて、
料理は自分達で持ち寄るパーティの事を、
持ち寄りパーティと言います。

 

確かにみんなで料理を持ち寄るのなら、
特定の個人に負担がかかる事はありません。

 

またパーティにかかるコストも、会場のレンタル料だけで、
料理にかかるコストを抑える事が可能です。

 

しかし、初めて持ち寄りパーティに参加するという場合、
どのような料理を持ち寄ればいいのか悩みますよね。

 

では、持ち寄りパーティにオススメのレシピをいくつか紹介します。

 

まず持ち寄りパーティを成功させるポイントは、
事前に担当を決めておく事です。

 

担当を決めずに、何でもいいから1品としてしまうと、
逆に困ってしまいますし、料理が揃った時にメニューが偏っている可能性もあります。

 

なので、サラダ担当、ご飯系担当、肉系担当、
魚系担当、スイーツ担当、飲物担当という具合に、
担当を決めておきましょう。

 

例えばサラダなら、ポテトサラダだと、好きな人も多いと思いますが、
パーティメニューとしては地味な感じになってしまいます。

 

なので、エビやタコなどのシーフードを加える事で、
華やかになり、さらにボリュームも出ます。

 

女子会なら、フルーツサラダやアボカドのサラダなども喜ばれるでしょう。
瓶に詰めたピクルスは、おつまみにもなりますし、
また季節の野菜をたくさんいれて、カラフルに仕上げるといいですよね、

 

お肉系のパーティメニューの定番は、ローストビーフです。
難しそうと思うかもしれませんが、フライパンでも簡単に作れます。
また唐揚げも、根強い人気です。
すぐになくなってしまうので、たくさん揚げて持っていく事をおススメします。

 

持ち寄りパーティならアットホームなパーティになり、
パーティで距離感が縮まるのではないでしょうか?
藤沢 イタリアン


このページの先頭へ戻る