飲み放題はお得な注文方法か

飲み放題はお得な注文方法か

居酒屋で飲み物を注文する場合、
1杯ごとに料金設定されている飲み物を注文する「普通(単品)注文」で飲むか、
一定時間内ならどのような飲み物を何杯飲んでも
定額で飲む「飲み放題」にするのかという悩ましい問題があります。

 

普通注文には、飲みたいものやレアなものを注文できる・
制限時間を気にせず飲めるといったメリットがある反面、
財布の中が気になる・会計が面倒といったデメリットがあります。
一方飲み放題には、財布を心配しないで好きなだけ飲める・
定額なので会計が明朗で楽といったメリットがある反面、
注文できる銘柄が限られている・制限時間が気になるといったデメリットがあります。

 

こうしたメリットやデメリットのある「普通注文」と「飲み放題」ですが、
一般的には「飲み物の代金だけ」を比較すれば、
「飲み放題」方が得だと言われています。
ネット上には普通注文と飲み放題の双方に挑戦して、
いずれが得かを報告した情報がいくつも提供されています。
しかしそれらは個人あるいは数名で飲んだケースでの結果ですから、あまり参考になりません。

 

職場の宴会や結婚式二次会のように大人数・ゲストは
男女・酒好きも居れば酒嫌いも居るといったケースであれば、
飲み放題の料金にもよりますが必ずしも「飲み放題」が得をするとはいえないのが現実です。

 

たとえば2時間で2000円の飲み放題の居酒屋で、
普通注文では1杯450円の日本酒を4杯飲むと
1800円ですから損をします(飲み放題のアルコール類は銘柄を限定していますから、
単品で注文すると高い銘柄のものは対象外)。
しかし5杯飲むと2250円ですから5杯目からは得ということになります。
しかし普通注文では1杯200円のソフトドリンクで得をしようと思えば、
10杯以上飲まなければならないのです。
飲み放題にするかしないかの決定は
、飲み物の代金だけの損得だけではなくメリットやデメリットも
考え合わせたうえで決定することをおすすめします。

 

http://www.ginza-yossou.jp/


このページの先頭へ戻る