コストを抑えて楽しく過ごす

コストを抑えて楽しく過ごす

飲食店を貸し切る際にかかる料金を下げたいなら、出席者人数よりも少なめに料理を注文するというのも1つの方法です。
ただし、この方法はどこでも出来るわけではありません。
飲食店の側からしたら、出席した全員が料理を頼むものと思っているはずですから、事前の確認が必須になります。

 

経費を節約したい旨をきちんと伝えて、それでも断られたのなら素直に従うようにしましょう。
こうした条件の交渉は、幹事の腕の見せ所です。

 

こちらはあくまでお願いしている立場であることを念頭において、丁寧な態度で交渉に臨んでください。
その際に交換条件を持ち出すと交渉がスムーズに進行しやすくなります。

 

会場設営は幹事側でやるから、お酒の持ち込みを許してほしいといった具合です。
イベントや飲み会の際に、料理を口に運ぶのはどのタイミングでしょうか?

 

多くの方は、会話が一段落したときやイベントが間延びしたタイミングに箸を動かします。
料理やお酒の消費量を減らせば、それだけコストダウンにつながることは明白です。

 

もちろん、これはケチっているのではなく注文し過ぎによる無駄を予防することが目的です。
食事もイベントの楽しみの1つではありますが、時間潰しとして料理を味合わせてしまうのは幹事の失態といえます。

 

イベントに飽きて料理ばかりに目を奪われてしまうといった事態を避けるには、趣向を凝らしたゲームや催しを盛り込みましょう。
全員が耳を傾ける、もしくは参加出来ることが理想です。

 

一芸に秀でている社員に協力を仰ぎ、芸を披露してもらうなど会場を盛り上げる工夫を考えましょう。

 

安くてリーズナブルな居酒屋ならこちら


このページの先頭へ戻る