結婚式二次会の幹事を成功させるコツ

結婚式二次会の幹事を成功させるコツ

飲み会の幹事なら、新人にその役割がフラれる事が多いため、経験がある人も少なくないと思います。
しかし結婚式二次会の幹事になる機会は、そう多くはありません。
せっかく、新郎新婦が信頼して二次会の幹事に依頼してくれたわけですから、頑張って役目を果たしたいですよね。
では、結婚式二次会の幹事を成功させるコツについて、紹介したいと思います。

 

まず、結婚式二次会は新郎新婦も幹事と一緒になって企画に参加するケースと、幹事のみで行うケースがあります。
今回は新郎新婦も参加するケースを想定して、スケジュールを立てていきます。
結婚式の3ヶ月前に、会場を決めておきます。そして同じ頃に幹事も決め、二次会の参加メンバーもリストアップしていきます。
会場と人数、そして予算を決めれば、二次会の内容を決めやすくなるでしょう。

 

幹事は花嫁側から女性2人、花婿側から男性2人という具合に、
複数そして男女に幹事を依頼しておくと、まとまりやすくなるはずです。
社交的で、仕切り上手な人を人選するようにしましょう。
またどこまでを幹事がするのか、明確にしておく事が大切です。
幹事の役割としては、会計、演出、余興、司会が主な役割となります。

 

2ヶ月前には、二次会の内容を決定し、招待状を送ります。
会費の内訳は、料理代、会場台、ゲームなどの景品代となります。
ゲームの景品を豪華にすると盛り上がります。
しかし、それで会費が高くなると、不満に感じる人も増えるので、バランスを考えて予算を考えましょう。
結婚式二次会の幹事は、いろいろ大変ですが、幹事をしておく事で、
今後自分が結婚式を挙げる事になった時に、いろいろスムーズになる事も多いでしょう。

 

銀座の鉄板焼きのお店ですがおしゃれな内装で3次会にもおすすめなこちらのお店はおすすめです。


このページの先頭へ戻る